忍者ブログ
Admin*Write*Comment
尾崎かおり不定期ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
アフタヌーン発売中!
今月は楽しいデート回ですよ♪
コミックス一巻も元気に発売中です!
SNSなどでオススメしてくれた皆さん、ありがとうございます!
とってもとっても応援になります!
動画ぜひ使ってくださいね。



先日は私のたっての願いで、講談社内を社会見学をしてきました。
25年も漫画家をしていますが、漫画家というのは基本的に担当さんとのやりとりがほとんどで、出版社の他の社員さんと直接関わることがあまりありません。
本当は自分の漫画が本になって流通するまで、たくさんの人が関わってくれているはずなのに、私はその人たちの顔を見たこともお礼を言ったこともない、ということが長年気にかかっていました。
17歳で漫画家になってしまったので、就職したこともなく、社会の仕組みとか、会社員の生活というのをちゃんと知らないのも大きなコンプレックスだったのです。




そんなわけでまずは編集部に突入。
アフタヌーン他、青年誌の複数の編集部があるフロア。人が居ません…w
みんなサボっているわけではなくて、きっと外回りで頑張っている…はず。
編集長がポツンと作業していらっしゃいました。
お昼にチャイムがなるので、学校の職員室のよう。
四季賞の応募作が入ってる大切な箱!

ロビーは吹き抜けになっていて、会社の中にジャングルがあります。
さすが大きな会社ですねー。
受付横のモニターで金のひつじの宣伝動画が流れてて照れ臭かった。
ビートたけしが殴り込まないように、ちゃんと警備員さんがいますよ。

講談社は旧館と新館があって、旧館はとってもレトロな雰囲気。幽霊が出るという噂があります。
編集部はみんな新館にあって、旧館は事業、販売部、メディアライツ、国際ライツなどがありました。
コミックスの紙を決めてくれたり、営業や宣伝してくれたり、海外版や、アニメ化の窓口になったりしてくれているところです。ありがとうございます。

あとは講談社の隣にある製版所にもお邪魔して、お仕事を拝見しました。
昔は原稿に直接写植をノリで貼っていたのですが、今はズラーッと並べたパソコンの前に座った人たちが、編集さんからのフォント指定を参考に、一生懸命吹き出しにセリフを入力していました。
ここで印刷用のデータが完成するのですね。


私は何事も納得しないと先に進みたくないという性格でして、
例えば小学校の頃、「7-□=3」みたいな式ありましたけど、中学になったら突然□がxとかyにななりますよね。なんの説明もなく。
それがなぜなのか、何の頭文字なのか分かんなくて、先生も誰も教えてくれないので、勉強やめちゃったり、
「チャコの海岸物語」の歌詞に出てくるチャコとは誰なんだ、なんで2番は唐突にミーコになるんだ、間に何があったんだ、とか悩んだり、
子供の頃から「そういうものなんだ」と流せないタイプで。
そういえば着付けの教室に行った時も「なんで女の人の着物だけおはしょりがあるんですか?」と聞いたら、先生がびっくりして「まあ! そんなこと今まで考えたこともなかったわ、そんなこと聞いたのあなたが初めてよ!」と言われました…。emoji


そんなわけで講談社見学では、各部署の方に「あれはなんですか?」「これは何をしてるんですか」と色んなこと聞きまくってお仕事の邪魔をしてきました。
まだわからないこともいっぱいあるけど、
今まで担当さんから先のことはモヤモヤ〜としててよく分かってなかったのが、
あの人があの部屋で、あの椅子に座って、写植を入れてくれて、あの人が予告を作ってくれて、あの人が紙を選んでくれて、あの人が営業してくれてるんだって、顔を浮かべて漫画が描けます。
皆さんに直接挨拶とお礼ができて、とっても満足しました。
お付き合いいただいた皆さん、本当にどうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。


拍手[2回]

PR
無事発売となりましたー!! 「金のひつじ」第一巻。

追記
PR動画作って頂きました。
書店さんで流してもらえるみたいです。
SNS拡散用にもぜひご利用ください。




紀伊國屋新宿本店様にて、色紙を飾って頂いています♪
 

こちらは三省堂海老名店様の様子です。



たくさん複製原画を飾って頂いています。
三省堂書店様各店樣(一部店舗除く)でコミックスを購入していただいた方には、描き下ろし特典ペーパーを配布しております。

COMIC ZINさんで買うとイラストカード付きます。
詳しくはこちら↓
http://www.comiczin.jp/info/comic/index.cgi?no=7945

応援していただいている書店様、本当にありがとうございます。


最近の作品は現代物が続いてますが、
メトセラを描いてた頃は、ファンタジーが好きで、現代物を描くのは怖いと思ってました。
若い私は、ここじゃないどこかに行きたかったし、自分じゃない誰かになりたかったし、
現代物を描いたら、自分に近すぎて、怖くて苦しくなるから、ファンタジーに置き換えて吐き出してたんだと思います。
その代わり描くのはすごい大変で、いつも自分を現実の世界から切り離して行かなくちゃならなかった。
本当にのめり込んで描いてた時期は、この現実世界なんて「ご飯食べるために寄るところ」という感覚でした。
メトセラ描いている間は、ほとんど違う世界の住人でした。

だからメトセラ終わった時は本当に「地球に帰ってきた」という感覚でした。
ファンタジーを10年以上やったので、
今は逆にすごく「自分の生活」とか「自分の人生」に興味があるんです。
どこにも行かず、自分の今の毎日や、今まで生きてきた記憶の中から物語を作っています。
小学生、中学生、高校生の物語、と描いてきて、「金のひつじ」で、10代の供養が終わるんじゃないかって予感がしています。
いつかまた描くこともあるかもしれないけど、今は現実離れしてしまいそうで、ファンタジー描くのが怖い。
当たり前の生活感を丁寧に描くのが楽しいです。
継ちゃんがベランダで灯油入れているシーンとか、そういうのw

1巻は暗めですが、決して重苦しい話ではないので心配しないでね。
夜明け前の暗さです。
続きが気になる人は、今発売のアフタヌーンを買ってもらえれは、1巻の続きがすぐ読めますよー。


ホワイトファルコンも弾きこなすんやでーemoji



拍手[26回]



追記
もう一個特典情報ありました。COMIC ZINさんで買うとイラストカード付くみたいです。
詳しくはこちら↓
http://www.comiczin.jp/info/comic/index.cgi?no=7945



いよいよ発売日が近づいてまいりました!! 「金のひつじ」第一巻!!

3月23日が発売日です !!
Amazonにも書影が出ておりますよ♪


是非是非よろしくお願いいたします!!



発売に際し、三省堂書店様各店(一部店舗除く)でコミックスを購入していただいた方には、描き下ろし特典ペーパーを配布致します。


お近くに三省堂さんがある方は、どうぞご予約お願いいたします。



ところで最近「神様がうそをつく。」の広告に、「国内外で大好評!!」みたいなコピーが付いているんですが、
何でかっていうと、以前スペインで出版されたところ、なんか賞を取ったらしいんですよ。
らしいというのは、受賞のお知らせが来たのですが、何せ外国のことで、担当さんも私もいまいちどういう規模の賞か分かっておらず、
スペインの「マンガ大賞」みたいなメジャーなものなのか、もっとこじんまりしたものなのか?
その辺がさっぱり…。
とりあえず「ありがとうございます」という感じだったのですが、
それから海外版のオファーがどんどん来るようになって、今ではなんと10カ国以上で発売されているのです。
も、もしかして何かすごい賞だったのかしら…!?

おかげさまで国内版「神うそ」も、またまた重版となりましたー。
「金のひつじ」共々、既刊コミックスたちも引き続き可愛がって下さいませemoji







拍手[31回]

そろそろアフタヌーン発売日ですが、今月の掲載はお休みです。
その代わりカバーを作ったり、着々と単行本の準備をしていますよ。
 
発売日は3月23日です!
よろしくお願いいたします。
試し読みはこちら
http://www.moae.jp/comic/kinnohitsuji/1
お友達にも勧めてね。

ジャーン!
宣伝用にコスプレしていただきました。
マチカブライスに続いて、継ちゃんブライスだよ!









と言っても、髪の毛切って、お湯パーマして、モッズコート着せただけですけどねー。
かわゆい。




俺もギター弾くにゃ!!










キャットガリガリ奏法にゃ!!

うちには、ブライス用、猫用、人間用、3サイズのギターがあります。emoji

また特典情報など発売前にお知らせにきます♪

拍手[18回]

描けば、

いいんだ

ろーーー!!



今月のアフタヌーン発売です。
アシスタントがいないので、スクランブル交差点も一人で描きました。


背景も自分で思った通りに描きたいという気持ちがあって、長年アシスタントは雇わずに一人で描いて来ましたが、
さすがに教室の机とか無味乾燥なものを一個一個自分で描いてる時は、これくらいは人に任せてもいいんじゃないかと思ったりします。
でもこれ描いもらうために、部屋掃除して、着替えて、干してあるパンツとか片付けて、ご飯出して、お金払って…って色々考えているうちに、自分でやればあと数時間で終わるしー…、っと結局全部描いてしまうのでしたっ。

ところで今月号から、仕上げをパソコンでやってみましたが、皆さん分かりますか〜?
(分からなければ成功)
何事もなく載ってますが、実はかなり悪戦苦闘しました。
前からカラーはパソコンで描いてるし、新しいソフトの使い方もすぐに覚えられるだろう、と軽く考えていたのですが、漫画を描くclip studioというソフトは、Photoshopなどとは色々勝手が違っていて、なんでこんなにレイヤーの種類があるの??とか、消しゴムやゴミ取りすらまともに出来ない!?
やっとのことで1話仕上げて試し刷りしてもらったら、なぜか線が太くなってしまうという現象が。
アフタヌーンの他の先生にも訊いて、ウイングス編集部にも訊いて、3回やり直してやっとまともに出来上がりました。
お問い合わせにお応えてただいた皆様、ありがとうございました…。
これでもう部屋にトーンが散らからない…。
ちなみにペン入れまでは今まで通りの手描きです。


来月は連載一回お休みで、アフタヌーン掲載はありませんが、
「金のひつじ」一巻発売日が、3月23日に決定いたしました!!
パカパーン!! emoji
私の誕生日の前日だよ。
みんなカレンダーに丸をつけて、リマインダー登録して、3月23日を覚えていてね!!

また来月もお知らせに来ます。

拍手[50回]

今年最後のアフタヌーン、発売になりました。
今月号で中学生の空が描いているイラストは、私が中学生の時に描いたイラストをそのまんま使いました。
なので80年ぽい絵柄…。

すごーくたまに、私のマンガ、意味が分からないって言う人が居ます。
「作者の表現力がないからだ」とか、怒られる時あります。
今回「肉を食べる」シーンがあるんですけど、担当さんはそのシーンが一番好きって言ってました。
話の本筋には何にも関係ないシーンなんですけど、大切なんです。
肉を食べること、優心の肩や頭に雪が積もってること、後ろ姿の継ちゃんのギターケースが萎えてること。
その時の空の色、影の長さ、季節、天気も、私の漫画にはとても大切なのです。
なぜ私がそういうシーンを描くのか分からない人は、私がなんでマンガを描いてるのかも分からないだろうと思います。
「なんで?」って聞かれても、言葉では説明できないですけどね。emoji

年末は講談社の忘年会という名の「舞踏会」に招待してもらいました。
シャンデリアの下、テレビで見たことあるような大御所の漫画家先生が歓談していらっしゃって、私にとっては本当に舞踏会のようなところなのです。
アフタヌーンの作家さんにもたくさんお会いしたのですが、漫画家さんというのは、本当に作品のイメージとぴったり重なるようなお人柄の方と、作品のイメージと正反対くらいギャップがある方が居て、それがとても面白いです。
アフタヌーンの作家さんに限らず、エキセントリックな作品を書いている方が超癒し系だったり、ハードな血まみれバトルを描いている方が女子力高い美女だったりすると、とてもびっくりします。
そしてそのギャップから、人としての幅みたいなものを、またすごいなと思います。

ちなみに私は、どこへ行っても「全然作品とギャップがない」って言われてしまいます。
例えば、初めてお会いする編集さんと待ち合わせする時、編集さんは「あの人が尾崎さんかな? あの人かな?」って行き交う人を目で追いつつ、待ってて下さるわけですが、
私が待ち合わせ場所に向かって歩いてくると「あの人が尾崎さんだわ!」と一発で分かると言うのです。
そこまでギャップがないというのが、良いことなのか分からないですが、私としてはちょっとつまらない。
たまには「イメージと違う!」とか言われてみたいです…。

今年も応援ありがとうございました。
「金のひつじ」の単行本は来年3月頃を目指してます。
単行本派の方も忘れずに、その頃になったら発売日をチェックしてくださいね。

それではよいお年を。
来年もよろしくお願い致します。






拍手[29回]

今月のアフタヌーン、発売中です。よろしくおねがいいたします。

継ちゃんは70~90年代の懐かしハードロックが大好き。
女子高生が、おじさん世代の泥臭いハードロックを弾いているという設定が私の中で萌えなのです。

私が高校生だった頃、世は空前のバンドブームで、弾けもしないのにギターを背負って居ると嬉しくて、倉庫みたいな汚いライブハウスに通い詰めていました。
「イカ天」という、アマチュアバンドが戦う番組を毎週見てて、サブカルっぽい音楽を発掘するのが好きだったので、継ちゃん好みの王道なハードロックはどちらかというと苦手な方だったんだけど、
そんななかで唯一「Guns N' Roses」というバンドに、どハマりしてました。
徹夜でチケットを取り(インターネットなどなかったのでチケット売り場の前で夜明かし)東京ドーム公演にも行きました。
実は音楽が好きというよりボーカルのアクセル・ローズの、顔が!

好み過ぎて好き過ぎて…。
当時からロンゲ萌えでした。

そんなアクセルの

現在のお姿が



こちら↓






嘘だあああああーーーーー!!!!!!!

……私は今でもそっくりさんだと信じている…。




継ちゃんが屋上で弾いていた曲。


その後「NIRVANA」が凄い勢いで台頭して来て、カート・コバーンがショッキングな死を遂げたことから、ライバルのような存在だったガンズの人気はグランジの波に押されて下火になって行ったような気がします。
でもやっぱり太った今のアクセルが、高校時代大好きだったSweet Childを歌ってるのを見ると感動するんです。
命を絶って伝説になったカートより、太っておじさんになっても、生きて歌い続けているアクセルの方がかっこいいなあって、10代の頃だったら絶対思えなかったようなことを、今まで生きて、思えるようになったのでした。

次回は過去編です。
優心はなぜグレちゃったの…?
そして閉塞してた物語が動き出します。

お楽しみにemoji




只今デジタル仕上げに挑戦中。
ややこしい!!
そしてヌッコ邪魔!!emoji

拍手[20回]

「金のひつじ」第一話、無料試し読み始まりました!
http://www.moae.jp/comic/kinnohitsuji/1
もし面白いと思ったら、拡散していただけると嬉しいです。
そして本日発売のアフタヌーン12月号では、一挙2話掲載。
続きの2話、3話がまとめて読めますよ。
なんか最初のセリフから引かれそうですが、この漫画はいじめものでも学園ものでもありません。
強いて言えば冒険ものです!

「金のひつじ」の構想を始めたのは、去年の2月くらいでした。
その時はあまり気が乗らなくて「なんか暗い話だなあ…、本当にこれを描くのかなあ…」と思いながら、のろのろ出てくるものをメモっていました。
そしたら春頃突然「ラブレター」が降りてきて「俺を先に描けー!!」と「金のひつじ」を蹴散らしてしまいました。
それで先に「ラブレター」を描いて、そういう風に蹴散らされた物語というのは、いつもは薄れて消えて行くので、もう描くことはないんだけど、「金のひつじ」は居なくなりませんでした。
でも、出てくるのはすごく遅くて、「ラブレター」は嵐のようにやってきて一晩で出来たのに、「ひつじ」はちょっとずつ、ちょっとずつ、点滴みたいに断片が落ちてきました。
それを毎日集めてたら、いつの間にか、登場人物もいっぱい、取材しなきゃいけないこともいっぱいの、結構なボリュームの物語だということが分かりました。
一日で爆発するようにできる漫画もあるし、土台からゆっくり丁寧に積んで行ってでっかい漫画になることもあります。
どっちになるかは、授かりものだから神様次第。
私は下請けです。

「金のひつじ」を構想するよりさらに前、人魚王子のコミックスが出る前くらいに見た夢の中で、
「次の漫画の主人公の名前はこれです」と「継」という字がペカーッと空に浮いていました。
なのでそのまんま主人公は継ちゃんです。

キャラクターの名前は、あまり深く考えずに、字面より音で付けてます。
でも「優心」の名前はちょっとした皮肉。
「空」は、最初この漫画のタイトル候補が「知らない街の空」だったから。

あと、今までの漫画と違う事としては、サブタイトル! サブタイトルをつけてます。毎回。

最初は暗い話なのかなあ、と思っていましたが、ネーム描いてるうちにどんどん楽しくなって来て、最近は描きながらニヤニヤしてます。
来月もドバッと50ページくらい掲載ですよ。
よろしくお願い致します。


拍手[29回]

  • ABOUT
「神様がうそをつく。」&「メテオ・メトセラ」全11巻発売中です。※公式Twitter、FBはありません。メッセージがありましたらブログの拍手からどうぞ。 I don't have any accounts on FB and twitter. My name is common in Japan. Please don't trouble someone whose the first and last names are the same as mine. If you have a message for me please click a clap button and send it. Thank you.
Copyright © 尾崎かおり不定期ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]