忍者ブログ
Admin*Write*Comment
尾崎かおり不定期ブログ
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91


3/27頃発売「月刊スピリッツ」5月号 の
「非日常な彼女」というコーナーに、イラストを寄稿しました。
久々に艶子さんを描きました。
雑誌内に1ページのインタビュー記事もあります。
良かったらご覧下さいませ。


(つづき)
漫画の表情というのも不思議なものですよね。
怒ると眉毛が吊り上がって、悲しい時はハの字に、
笑うと口は半月の形に描かれています。
でも実際、人間の眉毛は怒ってもそんなに動いてないんですよね。
私はこれも主観的な感覚を絵で表したものなんだと思います。
怒っている時、私たちは眉間にぎゅっと力が入り、眉がつり上がっているような「感覚」があります。
悲しい時は、ぐっと奥歯に力が入り、自分の口角が下がっているような「感覚」があります。
実用的なことはpixivの表情講座で描きましたが、


わなわなしている時、人間の口が実際こんなに波打つわけではありませんが、震えているような「感覚」がありますよね。
マンガの表情というのはこの「感覚」を絵にしたものなのです。
怒っている「他人」の表情をリアルに描いているのではなく、主観的な「自分の感覚」を絵にしているため、読者はそれが自分の感情であるかのように、より共感するんです。

個人的に良く覚えているのは、映画「風の谷のナウシカ」で、ナウシカがお父さんを殺されて激怒するシーン、
髮の毛がぶわっと膨らんで逆立つんですが、実際怒って髮が立つことはないにも関わらず、その時のナウシカの気持ちが伝わって来ますよね。
怒髪天を衝くなんて言葉があるくらいですから、みんなに共通する身体感覚なのだと思います。
マンガには(特に日本の漫画には)そんな風に、読んでる人とキャラクターが一体化する仕掛けが数えきれない程あるのです。





趣味で長年写真を撮っているのですが、
「今まで写真集を出版したことがありますか」とのご質問を頂きました。
いつか写真でも何か出来たらいいな、と考えることはありますが、
今の所素人の趣味ですので、今までもこれからも予定はありません。

*写真ブログは漫画とは関係ない個人としてやっているので、入り口をちょっとだけ隠してあります。

拍手[21回]

PR
  • ABOUT
「神様がうそをつく。」&「メテオ・メトセラ」全11巻発売中です。※公式Twitter、FBはありません。メッセージがありましたらブログの拍手からどうぞ。 I don't have any accounts on FB and twitter. My name is common in Japan. Please don't trouble someone whose the first and last names are the same as mine. If you have a message for me please click a clap button and send it. Thank you.
Copyright © 尾崎かおり不定期ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]